黄体ホルモン 便秘

黄体ホルモンの働きとは

 

黄体ホルモンとは、女性ホルモンの1種でプロゲステロンとも呼ばれています。

 

妊娠するための重要なホルモンで卵巣内の黄体から分泌(ぶんぴつ)されます。
妊娠をすると妊娠を維持するための役割をします。

 

黄体ホルモンは、妊娠を維持継続するために重要な役割をもっています。

 

しかしながら黄体ホルモンは、水分をためようとする働きをするため腸内からも水分を奪います。このため、便が硬くなります。

 

また、黄体ホルモンは腸のぜん動運動を抑制します。
このため、腸内では悪玉菌が増加し便は腐敗状態になってしまいます。

 

生理前や妊娠中に女性が便秘になりやすいのは、生理前や妊娠中は黄体ホルモンが多量に分泌されるからです。

 

その量は、通常の20倍とも言われています。

 

これが、生理前や妊娠時に女性が便秘になりやすいといわれている理由です。

 

女性の便秘対策は?

 

主に生理前や妊娠中の便秘対策といっても安易に便秘薬を飲むわけにはいきません。
便秘になる主な理由としてあがったのが、

 

  • 腸内の水分不足
  • 悪玉菌の増加による腸内環境の悪化

 

まず、水分不足の対策ですが、これは水分を補給する以外にありません。
成人は、1日2L必要といわれていますので2Lを目標に水分を摂るようにしてください。

 

一度に多くの水分を摂らずこまめに摂ることを心がけてください。
朝は、夜間に発汗により水分が失われますのでコップ1杯の水を飲むようにするだけでだいぶ違うでしょう。

 

次に悪玉菌の増加による腸内環境の悪化に対する対策ですが、善玉菌を増やし腸内環境の改善に努めましょう。

 

善玉菌を増やすには食物繊維を多く含んだ食べ物を多く食べるとよいでしょう。
食物繊維は、善玉菌のエサとなり腸内環境の改善に役立ちます。
食物繊維は、豆・穀類・野菜・きのこ・海藻等に多く含まれます。

 

食物繊維を摂取する

 

成人の食物繊維の1日当たりの摂取量の目安は20gです。
食物繊維を多く含んだ食品ですが、具体的に何を食べればよいか調べてみました。

 

代表的な食品を調べてみましたが、食物繊維は案外含まれていないものです。
きなこを毎日100gなんて食べられないですよね。

 

実をいうともうひとつ善玉菌のエサとなり腸内環境を改善する食品があります。
それは、オリゴ糖です。
オリゴ糖も食物繊維と同様に善玉菌のエサとなり腸内環境の改善に役立ちます。

 

天然オリゴ糖で便秘を解消

 

オリゴ糖の中でもオススメな製品があります。それは、カイテキオリゴです。
北海道産のてん菜、牛乳、樹木を主原料とした複数種のオリゴ糖を配合した、純度ほぼ100%の高純度・高品質なオリゴ糖食品です。

 

カイテキオリゴがオススメな理由

 

独特のEOS理論によりすべても善玉菌を活性化

善玉菌にはオリゴ糖の好き嫌いがあります。カイテキオリゴはすべてのオリゴ糖を活性化することに成功しました。

 

高品質のため生まれてくる赤ちゃんにも安全

純度がほぼ100%であり製造工程で不純物は一切加えられていないため高純度のオリゴ糖です。ミルクの原料にも使用されていますのでこれから生まれてくる赤ちゃんにも安全です。

 

ほんのり甘くて飲みやすい

甘さは砂糖の4分の1です。ジュースやヨーグルトにも溶けやすく飲みやすい製品となっています。

 

『カイテキオリゴ』

 

>>カイテキオリゴですっきり<<